「project OCTOPATH TRAVELER」スクエニによる新作RPG!自由度が高いおすすめスイッチゲーム!

スクエニ新作RPGの動画がこちら!

 

project OCTOPATH TRAVELERってどんなゲーム

project OCTOPATH TRAVELERはスクウェア・エニックス(スクエニ)の手による新作RPGです。舞台となるのは「オルステラ大陸」という世界で、プレイヤーは8人の主人公の中から1人を選択してゲームを進めていくことになります。8人の主人公はそれぞれ異なる背景を持っており、どのキャラを選ぶかによってストーリーも変化します。
ストーリーはプレイヤーの好きに進めることができるため、非常に自由度の高いゲームになっているのが特徴的です。同じ主人公を選んでもプレイヤーごとに異なる冒険を楽しむことができます。この一種のフリーシナリオのようなシステムが最大の魅力と言えるかもしれません。
また本作の特徴として他に類を見ないと言えるのがグラフィック面です。このゲームのグラフィックはドット絵と3DCGを組み合わせたものになっていて、「HD-2D」と呼ばれる独自の演出が採用されています。ドットで描かれたキャラクターが、3DCGで作られた町並みを縦横無尽に動き回ります。こうした古き良きRPGのような懐かしさと新しい表現の3DCG、2つの技術が合わさることによって独特の雰囲気を生み出しており、昔のRPGが好きな人にこそ楽しめる作品になっています。

独自のシステムフィールドコマンド

project OCTOPATH TRAVELERには、フィールドコマンドという独自のシステムが導入されています。これはフィールド上で使えるコマンドのことで、8人の主人公ごとに異なるものが用意されてます。たとえば町の住人を仲間にできる誘惑、町の住人とバトルを楽しめる試合というコマンドがあります。
通常RPGではパーティーに加えられるキャラクターは決まっていますが、本作では町にいるモブキャラも仲間にできます。大抵の住人は仲間にすることができ、一見弱そうなキャラクターがとてつもないポテンシャルを秘めていることもあるため、探し出すのも楽しいでしょう。
また試合はモンスターだけでなく、町の住人にバトルを申し込める一風変わったコマンドです。基本的にはどんな住民とでもバトルが可能です。このようにフィールドコマンドはストーリー攻略に役立つものでもありますが、ちょっとしたお遊び用としての一面を兼ね備えていると言えます。
フィールドコマンドによる行動はサブストーリーに少なからず影響を与えることもあるため、いろいろと試してみるのも面白いかもしれません。

戦略性抜群のバトルシステム

project OCTOPATH TRAVELERの戦闘は、ターン制によるコマンドバトルです。フィールド上を歩き回れば、ランダムで敵とエンカウントしバトルが始まります。コマンドを選択して攻撃する一軒単純なシステムではありますが、本作ならではの独自要素も追加されています。
それがブーストとブレイクです。ブーストではBPを使うことで、攻撃回数を増やしたり、威力をアップさせたりといったことができます。BPば1ターン経過するごとに増えるため、ターンごとにブーストを発動することも可能です。もちろんBPポイントがある程度増えてから、ブーストを仕掛けるという戦法もありです。
次にブレイクですが、これは敵の弱点を突くことでシールドを破壊できるというシステムです。シールドを壊された敵は1ターンの間、行動することができなくなります。そのうえブレイクが発動している間はダメージ量も増加します。さらにシールドには耐久度が定められており、この数値は敵によって変わります。
このブーストとブレイクは密接な関係にあるといっても過言ではなく、うまく組み合わせることで戦闘を有利に進めることができます。こうしたシンプルでありながら、戦略性を兼ね備えているのも本作の醍醐味だと言えます。

充実のストーリー

project OCTOPATH TRAVELERの最大の魅力はストーリーにあります。主人公ごとに異なるストーリーを体感できるだけでなく、フィールドコマンドの存在により、自由度の高い冒険も行えます。プレイヤーの数だけ冒険があるといっても過言ではありません。
本作ではメインストーリーだけでなく、サブストーリーも存在しています。このサブストーリーはいわばクエストに近く、本筋とは関係なく達成することができます。いろいろなバリエーションがありますが、特徴的なのは進め方によってイベントに変化が生じるという点です。
もちろんすべてのサブストーリーで変化が起こるというわけではありませんが、中にはフィールドコマンドの使い方によってトーリー展開が変わるクエストもあります。非常にやり込み甲斐のある要素とも言え、何度もプレイしたくなる魅力に溢れています。
そして本作ではストーリー中に他の主人公を仲間にできることもあります。異なる主人公の物語が交わることもあるなど、RPGらしい壮大なストーリーを体験できるのも1つの魅力だと言えます。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です