「Poly Bridge」工夫次第で色んな橋が作れる新作スイッチゲーム!豊富なパーツと多様なシチュエーションで大胆かつ自由な橋を作ろう!

 

まずはこちらの新作スイッチゲームをご覧ください!

 

いろんな橋を作っていくおすすめスイッチゲーム!

 

これぞ、まさしく橋ゲー!

つないでみるまで分からない。流通の未来はあなたの工夫とひらめきにかかっている!

今回はNintendo Switchで2017/12/14に配信された建設シミュレーションゲーム『Poly Bridge』について紹介します。

様々なパーツやギミックを駆使し、人や車を無事に向こう岸まで渡していきましょう。

 

この新作スイッチゲームのゲーム内容!

 

人生山あり谷ありなどと申しますが、できれば回り道などせず真っ直ぐに進んでいきたいものです。

そんな人類の欲求を叶えるのがこのスイッチゲームのテーマなのかもしれません。

プレイヤーの目的は橋の建築家となって海峡や渓谷をまたがる橋を作り、向こう岸まで車やバイクを誘導することです。

 

まるでマッチ棒パズルのように鉄骨と鉄骨をつなぎ合わせて土台を作り、

その上に板を並べて橋を建設していくのですが、これが一筋縄ではいきません。

別に建築について専門知識が必要であるとか、ドンキーコングが襲ってくるとか、

 

そんなことはないのですが、本作で登場するパーツは非常に脆いのです。

もっと正確に申し上げれば、耐久力が非常にシビアに設定されており、

映画やマンガで見かけるような「ありがちな設計」だと、

例えば車が橋に入った途端、その重さに耐えきれず橋が崩壊してしまうのです。

 

答えが見えないなか、これならイケるかも…とドキドキしながら橋を組み立てていきましょう。

必ずや岸の両端を結ぶ1本が見つかることでしょう。

組んでは壊し、組んでは壊す。あなたの工作意欲をくすぐること間違いなしの作品であります!

 

目指せ!マスター・オブ・ザ・ブリッジ!

 

このswitchゲームの醍醐味はなんといってもパーツ、ギミックの多さにあるといえます。

跳ね橋、ジャンプ台、カタパルト…などなど、このゲームにはこれまでの橋の常識を覆す仕掛けが満載です。

また、船や飛行船など、車以外の乗り物が障害物として登場する場面もあります。

 

フェリーなど大型の船舶が通過する時に橋が一時的にハの字に開いたり回転するのをみたことがあると思いますが、

似たようなシチュエーションが本作にも登場するのです。

つまり、あるタイミングでやってくる船や飛行船なんかも考慮にいれた上で、

プレイヤーはオリジナルな橋を建設する必要があるわけです。

 

さらに、向こう岸から自動車などが渡ってくるパターンもあります。

基本的に道幅は固定(およそ車一台分くらい)なので、飛び越えさせたり、

くぐらせたりして双方向からやってくる乗り物の進路を確保しなくてはなりません。

 

「どうやったら条件を満たせるのだろう」とプレイヤーは終始トライ&エラーを繰り返し、

橋作りに没頭することでしょう。

パズル的な要素を含んでいる点も、このスイッチゲームを楽しむことができる重要なポイントではないかと思います。

 

サスペンション、エビ反りの傾斜、ぐるり一回転したジェットコースター橋など、

ありとあらゆるタイプの橋を建設して、目標を達成していきましょう!

ああでもない、こうでもないと操作しながら考え、クリアしたときに沸き起こる達成感はクセになると思います。

 

全部でステージは100以上もあり、多彩なシチュエーションでのプレイが可能!

これをクリアすれば、あなたもマスターエンジニアになれるかも!?

 

無限に遊べるエディター搭載!!

 

全クリしても本作はまだまだ楽しむことができます。クリアするステージがないなら自分で作ればいいじゃない。

というわけで今度は橋だけではなく舞台も建築しちゃいましょう。

スタート地点からゴールまでの道を自由に設定。

指定したタイミングで船やヘリコプターを登場させるのも面白いでしょう。

 

自由かつ大胆な発想で独自の建設シミュレーションを作成することができます。

現実では決してありえないシチュエーションでの橋渡しを是非、ご自身の手で作り上げてみましょう。

この新作スイッチゲームのまとめ!

 

マインクラフトやスーパーマリオメーカーなど、試行錯誤を旨とするゲームが次々と生まれている昨今、

本作も皆様の旺盛な「工作欲求」を満たすのに十分な作品であるといえます。

時間をかけて折角作った橋が、

ほんの少しの手違いによってあっけなく崩壊する様は虚しくもあり楽しくもあります。

 

まるで、丁寧に組み上げたトランプとか積み木の山をちょこんと指先で突いて崩したあとにくるようなあの感覚は、

こういう類のゲームでしか味わうことができないものではないでしょうか。

本作では、妨害してくる敵キャラや制限時間などが無いため、

納得するまで設計図を考えつつ、じっくりと橋作りに取り組むことができます。

 

箱庭タイプの見易いグラフィックなので、

初めて本作のような構築タイプのゲームをプレイする方にもオススメできます。

ルールも「自動車やバイクを向こう岸まで送る」というシンプルなものなので、

 

ゲームスキルの有る無しを気にする必要もありません。

また、100ステージ以上にも及ぶ特大ボリュームなので、長くお付き合いすることができる作品でもあります。

絶賛配信中のNintendo Switch『Poly Bridge』で試行錯誤の喜びを味わってみてさい!!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です